日経平均さんあなたはどこまで上がるのか….

日経平均の爆上げの流れにうまく乗れずに悩んでいる馬井株介です。

東京は台風一過ですっかり晴れましたがまだまだ風が強くて真っ直ぐ歩けないぐらいのときもありました。

近所の小学校の生徒は10時半頃の中休みに校庭で遊んでいましたから日差しも強かったのか

さて今日の相場は選挙結果を受けて見事に大幅高でした。

昨日のtwitterでつぶやいた「連騰記録より上げ幅が欲しい」をしっかりと叶えてくれました!

もちろん日経平均株価最長記録の15連騰もなんなくクリアです。

実は今日が15連騰の中でも1番の上げ幅なんですよ☆

しかもこのブログを書いている午後8時頃の日経平均の先物も20,800円台をつけているので明日も難なくこなせるかもしれません。

がしかし、冒頭に書いたようにこの流れにうまく乗れていない気がする

先週末は週跨ぎを恐れて2銘柄を売却してしまったのも痛い(-_-;)

原因は今のような高値追い相場でどこまで伸びるのか(あくまで個別銘柄だが)予測が付かないこと。

こういった相場を経験したことがないからエントリーに踏み切れていない状態。

そろそろ中小株か出遅れた大型株かそんなことで悩んでばかり。

かといって売り注文を出すのも踏み上げられそうで気が引ける。

思い切って購入して放置しようかとも考えるけど、そろそろ訪れる決算でしくじる可能性もある。

しっかり決算スケジュールと業績予想は確認しなければならない。

スイングトレードの特定口座はそんな状態だが、もちろん逆に良かったこともある。

かつて挑戦したFX口座に残っている微々たる金額のドル/円は数千円だが利益が出た()

あとは放置しているNISA口座の評価額は当然上がっている!

せっかくだから15連騰前の9/29と本日10/23の評価額を比べてみた。

 9/293,291,470

10/233,422,850(+131,380円、+3.99)

今回気になって調べてみたが結果に衝撃を受けた

金額は当然増えているが、割合では余裕で日経平均に負けていた(T_T)

ちなみに15連騰の間の日経平均は+6.58%のパフォーマンス。

原因は商社株と銀行株で、むしろ株価は下がっているものまであった。

やっぱり株は難しい、けど楽しいし、だからこそもっとうまくなりたいと改めて感じました。

より高いパフォーマンスが出せるように明日からまた努力を続けよう!

セクター別の値上がり率

①パルプ紙 +1.97%

② 鉄鋼  +1.57%

③電気機器 +1.56%

セクター別の値下がり率

空運業  -0.20%

 

※値下がりしたのは1業種のみ

今週の重要な経済指標

10/25(水)

カナダ:カナダ銀行 政策金利 23:00

米国:9月新築住宅販売件数 年率換算件数及び前月比  23:00

 

10/26(木)

EU:欧州中央銀行 政策金利 20:45

EU:ECB(欧州中央銀行)ドラギ総裁 定例会見 21:30

 

10/27(金)

日本:全国消費者物価指数(CPI) 前年同月比 8:30

日本:全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品を除く) 前年同月比 8:30

米国:四半期実質国内総生産 前期比年率 21:30

米国:四半期雇用コスト指数 前期比 21:30

 

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280