決算を控えて取引はお休み&『新興市場・2部銘柄で儲ける株』の感想

今日は1日何の取引もせずに終えた馬井株介です。

今日は昼過ぎから映画『アウトレイジ』を鑑賞するため株式相場を午後は電車の中でチェックをする程度で、取引もせずに終わりました。

本当は先週行こうとしていたが、インフルエンザの予防接種を受けたため今日に変更しました。

平日の昼間なので東京にもかかわらずなんと11人しかいませんでした!

相場はこれといった大きな値動きもなく保有銘柄のポジション変更もなし。

あえて挙げるとすればこのブログでもたびたび扱う積水ハウスが順調に上がってきているのと、パナソニックもぐんぐん伸びてきているということぐらいか。

最近は決算発表もありなかなか新規買いに踏み切れず、おそらく明日も様子見ムード。

日経平均株価も数日小動きの終値は21,739.78(+32.16)

『新興市場・2部銘柄で儲ける株』の感想

そういえば一昨日気になる本を見つけたがネット書店で品切れだった『新興市場・2部銘柄で儲ける株 ジャスダック・マザーズ 東証2部以下1500銘柄からお宝株を発掘(藤本壱著)を昨日店頭で購入しました。

書籍画像

この本では東証一部の銘柄は完全に除外して、ジャスダック・マザーズ・東証二部と新興市場の銘柄に限定して中長期で保有したい銘柄の選び方が以下の3パターン紹介されています。

    高配当・好優待株

    割安株

    高成長・一部昇格銘柄

どの方法でも成長し続けていることを前提に中長期の保有狙いです。

高配当や優待を受けながらしっかりと数年後にはキャピタルゲインも教授する。

割安株だけど好業績で注目されれば値上がり益を狙える。

一部昇格基準を満たしているか、又はもう少しで満たせる銘柄を購入し、昇格によりキャピタルゲインを得る。

本は集中して2回に分けて合計2時間ぐらいで読み終えることができました。

基本レベルの決算書の読み方や株式用語を知っていればそこまで時間はかからないでしょうし、特別難しいこともないと思います。

この本の特徴はやはり新興市場に絞り込んでいることで、本書で紹介されている銘柄はほとんど知らないものでした。

そのため紹介されている銘柄を調べるだけでお宝株を見つけられることもあると思います。

私も銘柄の幅を広げるためにこれから少しずつ成長株を中心に銘柄分析をしようと思っています。

セクター別の値上がり率

①商品先物 +2.94%

②石油石炭 +1.94%

③パルプ紙 +0.88%

セクター別の値下がり率

①その他製品 -0.93%

② 海運業  -0.48%

農林水産  -0.29%

今日の個別銘柄

[4751]サイバーエージェント

今日の個別銘柄は最近ネットテレビ局の『AbemaTV』に力を入れているサイバーエージェント

もともとブログサービスや社長さんが有名なため社名は知っていましたが、AbemaTVに業績が伴えば株価も上昇すると思って注目したのがきっかけで銘柄観察をしています。

取り上げた理由は最近私が嘆いている「買いたいが決算があるので控える」の典型例だから。

サイバーエージェント6ヶ月日足チャート画像

普段はスイングトレードのためテクニカルで銘柄を選ぶのだが、3日前ぐらいから買いたいと思っていました。

三点底+下値切り上げで完全に上昇ムードじゃないですか?

しかし本日決算だったので買わず、発表された決算もあまり良くなく買わなくて正解だったと思います。

おそらく明日はそこそこ下落するのではないでしょうか?

と最近はこのような状態なのでしばらくは売買しないと思います。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280