私が貯金に目覚めたきっかけと第一歩

私はお金が大好きです。

おそらく一般の人よりも何倍も。

だからこそ20代前半から将来を見据えた資産形成に励んでいます。

最近ふと自分はいつから今のような考えを持ったのかと思いました。

 

そこで今回は私が資産形成の第一歩である貯金に目覚めたきっかけをご紹介します!

貯金を始めたきっかけ

私が初めて貯金をし始めたのは高校1年生のときです。

そのとき初めて彼女が出来たころで、高校生だったので遊びたいし欲しい物がたくさんありました。

それまでの私はお金が好きなことは変わりませんでしたがお小遣いをもらっては全て使い切るタイプでした。

しかし彼女が出来たことによりデート代やプレゼント代が必要になります。

それから徐々に先にあるイベントを見据えてお金を取っておく必要性を学びました。

そしてクリスマスの特別なデートに向けて貯金することを決意し、そのとき初めて100円ショップによくある缶の貯金箱を購入しました。

もちろん当時は高校生なのでそもそも持っているお金が多くありません。

なので余裕があるときに少しずつ100円玉を入れていきました。

そしてクリスマスの少し前に彼女と一緒にその貯金箱を開けました。

そのときは2~3万円程度だったと思いますが、自分が想像していた以上の金額が入っており、お金を数えているときのわくわく感や楽しさにもやみつきになりました。

すると彼女も一緒に貯めることになりました。

次の目標は夏休みまでです。

こうして自分一人だけでなく誰かと一緒に貯めることで負けたくない気持ちも出て貯金に励むようになりました。

これが私の貯金を始めたきっかけです。

もちろん当時は資産形成なんてことはせずに、貯めたお金が使っていました。

しかしこの貯金箱を使ってお金を貯めるという経験はその後も継続しました。

100円玉貯金のその後

余裕があるときに貯金箱に小銭を貯めるという行動は大学生になっても継続しました。

やはり徐々に貯まっていく感覚や貯金箱が重くなる感覚が楽しいのです。

大学生の頃は旅行にハマりました。

なので使い道は旅費です。

しかし、バイトも本格的に始め貯める小銭は100円玉から500円玉に変わりました。

いわゆる500円玉貯金です!

支払い時のおつりの計算や500円玉を残すためのちょっとした我慢を重ねました。

もちろん500円玉を作るために無駄な買い物をするなんてことはしませんでした()

逆に余裕があるときなんかはゲーセンで1000円札を両替して500円玉を複数枚貯金箱に入れるぐらい徹底していました。

そんなこんなで貯まったお金は旅費へと消えましたが、当時の最大のモチベーションがロサンゼルスに行くことでした。

私は基本的に海外旅行に興味が無く、国内旅行が好きなのですが、唯一行きたかったのがロサンゼルス。

そこでNBA観戦をすることがひとつの目標だったのです。

無事に友人と行くことが出来ました。

NBAの試合も奮発して(確か6万円ほど)コートから2列目で観戦することが出来たのです。

こうして大学時代の貯金生活は終了しました。

もちろんまだまだ資産は0です。

大学卒業後の貯金生活

大学を卒業した後はしばらく人生に悩みました。

お金にも余裕がないこともしばしば。

それでも余裕があるときは500円玉貯金を継続しました。

そのときは完全に自由に好きなことに使えるお金として貯めました。

そのころになるとだいたい自分のペースだと1年でどのくらい貯まるかはわかっていますけどね。

当時は誕生日を基準日にしていたので、自分の誕生日プレゼントとして財布を買いました。

大学生の頃から本の影響で長財布を使っていましたが、そのころは尻ポケットに入れて電車でもそのまま座ったりしていてボオロボロだったので買い換えました。

確か2万円ぐらいのポール・スミスの財布です。

それからは大事にかばんに入れて財布を使うようになりました。

それと同時に2年後の誕生日にもっといい財布に買い換えようと決めました。

もちろん500円玉貯金で貯めたお金でです。

そして2年後の誕生日。

ブランド品に興味のない私ですが財布だけは奮発しようとルイ・ヴィトンの6万円ぐらいの財布を買いました。

ポール・スミスの財布はかばんに入れて使っていたこともありまだまだきれいな状態でしたが、上のステージに登るために思い切って行動をしました。

そのときから財布を長財布と小銭入れに分けています。

現在の500円玉貯金

さてこの500円玉貯金ですが、生活習慣となっているため今も継続しています。

ここ2年ぐらいは毎年1215万円ぐらい貯めることが出来ています。

特別使用目的を決めていないので株式投資の原資に組み入れたり、美味し物を食べに行ったりと使い道は様々です。

さて私はこれまで10年ほど小銭貯金をしてきています。

貯金の第一歩として誰でも出来て簡単な貯金方法だと思います。

特に100円玉の場合は計算も必要なく学生さんにも出来る簡単な方法です。

私が思う500円玉貯金をうまく行うコツは2つあります。

①モチベーションが上がる貯金箱を使う

②ちょっとした我慢をする

500円玉貯金の場合、100円ショップにある「10万円貯まる貯金箱」では1年を区切りとした場合に物足りません。

経験上実際には11万円ぐらい入ったと思うのですが私の場合入りきらなくなります。

そこで私はあえてお金を払って貯金箱を購入しました。

トトロの貯金箱の画像

こちらは1年で6割ほど貯めることで15万円弱が今年の成果でした。

おそらく満タンにすると2530万円貯めることができると思います。

味気ない貯金箱と比べてモチベーションも上がりますし、缶の貯金箱と違って使い捨てではないので自然と継続することが出来ます。

そしてもうひとつのコツはちょっとした我慢です。

コンビニでのちょっとした贅沢や日頃のラテ代など、ちょっと我慢するだけで意外とすぐに貯まるものですよ!

他にも1週間を決まった予算で生活し、余った分を500円玉に替えて貯金箱に入れることもおすすめです!

貯金は資産形成の第一歩です。

投資や運用よりも堅実な貯金生活を確立することが大切だと思います。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280