運用系ブログを読んだ感想と活用するうえでの注意点

20代からの資産形成実践ブログ』というタイトルで当ブログを立ち上げて1ヶ月ちょっとが経過しました。

ブログ運営を始めてみてそれまではしっかりと自分の資産評価額などを把握していなかったのでそれが明確になったことや、今までよりも積極的かつ丁寧に株式の取引ができるようになったと思います。

それと同時にこの1ヶ月で他の資産形成や資産運用のブログを読みましたが、いろいろと感じることがありました。

今回は私が他の資産運用系ブログを読んだ感想と、これから資産運用を始めたい方がそれらのブログを活用するうえでの注意点をご紹介します!

運用系ブログを読んだ感想

投信がほとんど

数ある資産運用系ブログを読んでみて感じたことは「資産運用」「資産形成」とタイトルに入れているブログで実際に実践している方のほとんどは投信を利用していることです。

特にインデックス投資でコツコツ系が多いと思いました。

投信は低予算から始められることに加え、運用はファンドに任せるため初心者が始めやすくidecoや積立NISAへの移行がスムーズに行えることから人気があるのだと思います。

運用系のブログの中で私のように株式の個別銘柄を売買している方は少ないようです。

もちろん株式ブログの中にはデイトレーダーやスイングトレーダーの方はたくさんいます。

ですが私はidecoや金投資、株式投資の3本柱で資産形成を行っているため資産形成という文字をタイトルに入れました。

株式はあくまでポートフォリオの一部です。

個別株に投資することで他の方よりもリスクを多く取ってより積極的に運用するし、その結果資産形成を加速することが狙いです。

これは老後(60歳以降)に資産1億円を達成するのではなく、10数年後の40歳までに最低でも資産1億円を達成するのが目標だからです。

実績が掲載されているか

多くのブログを拝見した結果、運用実績や投資実績が掲載されているブログは全体の3割ほどの印象でした。

そして読者としてブログを見たときにやはり実績が載っているブログの方が信頼できそうだなと感じました。

そのため私も最近株式トレードの特定口座の運用成績をブログトップに掲載しました。

ブログを始めたのが2017年9月末ですが、本格的に株式投資を始めた5月からの運用成績を掲載しています。

運用成績は私もそうですが、マイナスのときもあります。

もちろんそれがリアルであり、すごい成績を残されている方でもマイナスのときがあることも知ることができる機会でもあります。

そしてこの運用成績を載せることで私自身は出来るだけマイナスにならないようにとモチベーションも上がりました。

今後もう少し月日が経過した後には株式の運用成績だけでなく、資産額の推移も掲載していく予定です。

月次成績は備忘録としてだけでなく、読者さんからの信頼を得るためにも大事な要素としてこれまでよりも丁寧に記事を作っていく方針です。

運用系ブログを読むときの注意点

上でご紹介したように運用実績を掲載しているか否かはそのブログの運営者に対する信頼性を示していると思います。

これはその実績がたとえマイナスであったり、運用額が小さかったとしても、実績を載せていない方よりも私自身は信頼することが出来ます。

その違いは運用を実践しているか否かがわかるからです。

運用系ブログを見ると中には明らかに運営者自身が資産運用を実践していないとわかるブログがあります。

これは私が書籍を購入するときの判断基準でもあるのですが、本の著者やブログの運営者がしっかりと実践しているのかを大事にしています。

そして実践していない運営者は初心者の方に魅力的な投資を次々と紹介しています。

実際にいろいろな投資があるのは間違いないですが、なんでもかんでも手を付ければいいわけではなく軸となる投資は決めるべきだと思います。

軸がぶれぶれなら投資には手を出すべきではないと言い切れます。

なのでこれから資産形成を始めるという方は実績が掲載されているブログを参考にするべきです。

特に運営者が20代など若い方や投資歴の浅い方でまだ運用額が小さかったり、運用実績がマイナスであっても、将来的には大きく羽ばたく可能性は十分にあります。

私自身もそういった方のブログを読むと、進行形で勉強されて投資も実践されてて感心しますし応援もしたくなります。

自分もまだまだ学びが必要な立場なので、そういった方とともに精進していきたいと思います。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280