やっぱり決算は難しい…というか今日は勝てん

ここ最近の下落でNISAの評価額がだだ下がりしている馬井株介です。

 

 

先週末から取り組んでいる決算銘柄の作戦ですが、昨日でほとんどの銘柄が発表を終えたため一区切りを付けました。

昨日発表の銘柄で仕込んだのは以下の3銘柄です。

 

[8737]あかつき本社 470448-4.68%

[5363]東京窯業 454392-13.66%

[4115]本州化学工業 14251217-14.60%

 

見事に大外れです。

とういうよりも日経平均が大きく下落しているので、プラスの銘柄はわずかです。

3つのうち上の2銘柄は午前9時台に売却しているため、ほとんどダメージはありませんでした。

しかし、本州化学工業は一番単価が高い上に暴落をしてしまいました。

 

こちらはストップ高をつけたムトー精工と同様に決算好調業種である化学の銘柄ということもあり購入しました。

今回は進捗率が高く、業績の上方修正を狙ってみましたが、たとえ決算内容が良くても市場の折り込みがそれ以上であれば株価は大きく下げることを学びました。

 

ただし、本州化学工業なんかは今期のうちにさらなる上方修正があってもおかしくないだろうし、割安感が強いためポジションをキープしています。

 

今回の決算発表で株価が下落しようとも、3ヶ月後の発表時やそれより少し前に値上がりが期待出来る銘柄として東京窯業なんかも今後の値動きを観察します。

 

しかし為替もそうだが先物も弱い。

日経平均は1400円ほど下落したが上がるときに比べてスピードが速いためか精神的にもつらいですね。

 

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280