配当金という名の不労所得を受け取りました

午前中は相場観察モードに入っていた馬井株介です。

 

 

今日の日経平均は昨日の下落を取り戻すかのように大幅上昇をしました。

終値は22,351.12(+322.80)

それでも原油価格の下落もありNISAで保有している商社株は元気なし。

ま、ここは今すぐ売却するつもりもないので気に止めていません。

しかし住友商事はトレンドラインにサポートされて反発されるようであれば、明日以降買おうと思います。

決算またぎでストップ高をつけたムトー精工は未だホールド。

今日も10%近く上昇し、これだ50%近くの値上がりです!

 

さて話は変わり、先日配当金を受け取りました。

8月決算のサンヨーハウジングナゴヤです。

この銘柄を選んだ理由は単に高配当だからという理由で浅はかな知識で飛びついてしまったのです

ちなみに119円を800株保有なので、15,200円です。

NISA保有なので非課税で口座に勝手に振り込まれます。

 

配当金って株価変動リスクを背負う対価としての不労所得ですよね!

権利確定日から忘れた頃に振り込まれるため非常に嬉しい!(^^)!

ただし今は受け取っても再投資に回します。

それでも1万円を超えるとついつい財布のひもがゆるんでしまい、今シーズン食べ納めにちょっと高価なシャインマスカットを買いました。

 

この配当が1度に何十万円と振り込まれることを目標にします!

来月も9月中間配当が3万円以上受け取れるので、NISAの評価額を支えます。

セクター別の値上がり率

①その他製品 +2.79%

②ガラス土石 +1.92%

③情報通信業 +1.63%

セクター別の値下がり率

① 鉱業  -1.64%

②金属製品 -0.20%

③石油石炭 -0.05%

今日の個別銘柄

[4115]本州化学工業

11/14の決算またぎに挑戦し翌日見事に撃沈した東証二部の本州化学工業。

この銘柄は決算日に業績の上方修正を発表したにもかかわらず、翌日に約15%下落しました。

しかしポジションは解消せずに保有を続けています。

また、その日のうちに100株を難平しているので、現状200株保有中です。

本州化学工業3ヶ月日足チャート画像

で、なぜ難平したのかはもちろん反発すると思ったからですが、なんとなくではなく根拠があります。

今回はその私が難平した根拠を簡単にご説明します。

もし株価がそのまま下落したとしても、根拠を持って買ったので後悔はしません。

 

ちなみに今日は相場にも助けられて7%弱上昇しました!

含み損はかなり縮小されました。

 

ではなぜ難平したのか?

それは今後さらなる上方修正が発表されると思っているからです。

 

先日の上方修正では通期の純利益を1012億円としました。

この場合1株当たり利益(EPS)104.6円です。

となるともしPER15倍になると仮定すれば株価は104.6×15=1569

 

決算発表前の高値でのPERは株価1448÷EPS87(修正前)=16.6

逆に低いPER1100÷87=12.6

この銘柄の直近のPERレンジは12.616.6となります。(平均14.6)

 

そしてこの通期12億円予想の場合、下期は前年比44.4%の下落予想となります。

これだと売上高は伸びる予想のため、微増収大幅減益となります。

 

上期にこれだけ大幅に増益した会社が下期にこれほど減益するのかが私には疑問となります。

もし下期の利益が前年同様であれば通期のEPS129.6となります。

これに先ほどのPERレンジをかけた期待株価は16322151となります。

よって時間はかかるかもしれませんが、株価は次の決算に向かうにつれて上昇すると思い難平をしました。

 

EPS120PER12.5でも株価1500円なので、なんとかなると思うんですけど結果はどうなるか

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280